LED照明用電源

電源は電気エネルギーを負荷に供給する装置のことで、
電流源と電圧源があります。

定電流電源

電流源とは

負荷の大きさが変動しても、一定の電流を供給できる電源のこと。

定電流電源のメリット

LED駆動の場合、供給電流が小さいLED表示器には定電圧電源が採用されていますが、 供給電流が大きいLED照明では定電流電源が多く採用されています。 またLED照明の場合、定電流電源はLEDの直列個数を変えても電流値が変わらないことや、 電流を高精度に制御できるため大電流・高輝度のLEDを最大効率で点灯できるなどのメリットがあります。

Line-up
定電流電源

定電圧電源

電圧源とは

負荷の大きさが変動しても、一定の電圧を供給できる電源のこと。

定電圧電源のメリット

出力電圧を負荷の変動に左右されず、一定の設定値に保ちます。 電源の供給可能容量以内の照明であれば、どんな照明でも使用できるというメリットがあります。

Line-up
定電圧電源

オプション / カスタマイズ

Line-up
オプション / カスタマイズ